Hawaiian Birthday Party

ACCESSの夏休みも終わり、今日から子ども達がスクールに戻ってきました。


今日はHawaiian Birthday Partyを開催しました。アロハシャツやハワイアンドレスで来てくれた子ども達もたくさんいました!


小学校や幼稚園はまだ夏休み中ということもあって、いつもより少ない人数でしたが、先生たちもノリノリでパーティーはとても賑やかでした。











手作りケーキやマスク作りですっかりハワイ気分になれました!




お誕生日おめでとう!

ACCESSからささやかなお誕生日プレゼントです。


ステキな一年になりますように!

私とスクールペットたちの夏休み

毎年お盆の時期は主人の実家の鳥取に出かけます。

 

今年はスクールのペットたちと一緒に車で鳥取に出かけました。

 

ウーパールーパーのJonnyとヤドカリ、うさぎのSkippy、みんな一緒に大移動です。

 

 

車の後ろは私達の荷物よりもペットたちの方が場所を取っている状況でした。

 

うさぎのSkippyはしばらく後部座席のタオルケットに埋もれて居心地のいい場所を探していました。

 

 

そしてついに小さな穴を見つけて座席の下に潜り込んでしまいました!

 

 

ここは相当居心地が良いようです。

でも時々穴から顔を出して外の様子を確認しています。

 

 

鳥取は台風の影響もほとんどなく、素晴らしいお天気でした。

 

 

 

 

鳥取では温泉のスタンドがあります。

100リットル300円です!

皆さんもいかがですか?

 

 

 

足湯もあちこちにあります。

私のオススメは関金の延命茶屋の足湯です!

お湯の温度がちょっとぬるめで最高です。

 

 

そしてこんな大きな虫まで発見!

 

 

English Pocketの夏休みも終わり、東京に戻ってきました。

 

Skippyもこの通り。

自分のお家に入るなり、身体を伸ばしてくつろいでいます。

 

 

ペットたちの夏休みも終了です。

ドキドキ、ワクワク!

英語学童ACCESSでは、アートの時間に「にじみ絵」に挑戦しました。


和紙を折って色々な色の絵の具の液につけると、色がにじんで自分の予想を超えたアートが出来上がります。


折り方を変えると面白い形のにじみ絵が出来上がります。




三角に折ってみたり、四角く折ってみたり、工夫しながら色々な折り方に挑戦している姿が見られました。一人二枚の作品を作りました。

あるものを作るには二枚の作品が必要だからです。



折りたたんだ和紙を開く時の子ども達の表情がいいですね。

ドキドキ、ワクワクがこちらまで伝わってきます!



和紙を開いて大満足!








ステキな作品がたくさんできました!

次回はこの紙を使って夏には欠かせないアイテムを作ります!

お楽しみに!

My Magical Key

8月の英語学ACCESSの水曜日はMy Magical Keyと題してライティングにチャレンジします。

 

偶然見つけたこのカギは何のカギ?このカギでどんなことができる?そんなことを想像しながら、物語を書いてみましょう。

 

 

ズラーと並んだカギ!

子どもたちはまず、自分の好きなカギを1つ選び、手に取って、想像を膨らませて行きます。

 

大きなカギから、小さなカギ、あまり見たことのない形のカギもありますね。

どんなカギを選ぶのか、そこから個性が出そうです。

 

 

こちらはDylan先生が書いたサンプルストーリーです。

 

おばあちゃんの家の屋根裏で見つけたカギは森へと続くドアのカギ。昔、森の中では人と動物はお話ができていたけれど、人が森の王様になりたがり、クマの王冠を盗んでしまいました。クマの王様はとても怒って森へのドアを閉ざし、人と動物はお話をすることができなくなってしまいました。でも、この魔法のカギがあれば、また森に行って動物とお話ができるかもしれません。

 

アクセス3年目の子ども達もこんな素敵なストーリーが書けそうです。どんな物語が書き上がるか、今からとても楽しみです。

 

ACCESS 1年目、2年目の子ども達はまだストーリーを書くのは難しく、書くのは単語、もしくは1〜2 センテンスです。でもそんな子ども達にとってもライティングは素晴らしい学習のツールです。

 

たとえ単語レベルでも、あるいはワンセンテンスだけでも、自分の思いを言葉にして書いてみることはとても重要です。

 

書けないからといって書かないでいると、いつまでたってもライティングの力はつきません。まずは単語で思いを表現し、それから文章を書いて、そしてストーリーへと繋げます。そのプロセスを体験することが重要です。

 

その道のりは長く、ACCESSでもストーリーが書けるようになるには2年〜3年かかります。

 

ACCESSの子ども達の素晴らしいところは日本語を英訳した作文ではない、英語で考えたストーリーを英語で表現することができるところです。

 

そこまでの力がつくまで、こんな楽しいライティングのアクティビティを通じて、どんどん思いを英語で表現してみましょう!

目指せ、ピザ職人!

English Pocket五反田校の英語幼稚園PIPの子ども達はドミノピザを訪問し、ピザ職人の修行を行いました!








プロも顔負けの美味しそうなピザができました!

なかなか筋がいいね!



バイクに乗るオマケもついて、大満足のピザ修行でした!

より良い英語教育を目指します!

この度私は、全国外国語振興協会(全外協)の理事に就任いたしました。

 

全外教は外国語教育の普及と振興を目的に

平成3年、文部科学省の指導のもと設立されました。

学習者が安心して学べる環境作りに積極的に取り組んでいる団体です。

http://www.zengaikyo.jp/

 

先日、理事会が開催され、さまざまな議題について話し合いました。

第一線で活躍されている大手英会話スクールの取締役の方や地方の英会話スクールの経営者の方など、4名の理事と事務局の方が集まり、積極的な意見の交換が行われました。経験豊かな同業者の方々との交流は学ぶことが多く、とても有意義な時間となりました。

 

 

あなたのスクールは全外協の安心マークが付いていますか?

Summer Festival

やっと暑い夏がやってきました。


英語学童ACCESSでは、暑さを吹き飛ばすほどの熱気で夏祭りを開催しました!











モグラ叩きにボール投げ、パン食い競争など楽しいゲームがいろいろありました!



もっとも盛り上がったのはこちら!



スーパーボールすくいです!

ACCESSのスーパーボールすくいは当たり前の事はしないんです!







こっちのヨーヨー釣りも楽しかった!











楽しい1日でした!

What are you good at?

6月の初め、ACCESS International School では約1週間かけて自分を見つめるプロジェクトに取り組みました。


自分の得意なもの、苦手なもの、好きなもの、嫌いなもの、これからそれらとどう付き合って行くかを考えました。


まずは客観的に自分の得意、不得意を数字で表し、グラフにしてみました。


算数、国語、体育などの学校の教科だけでなく、掃除、宿題をする、料理、虫に触ることなどいう面白い項目もありました。


1から4までの数字で各項目に数字をつけます。

1は苦手、4は得意となります。




こちらは本を読むこと、絵を描くこと、国語の勉強、料理が得意です!

でも、算数が苦手だそうです!

3がとて多いですね。得意と思っているものが多いのが分かります。



こちらは水泳と算数が得意だそうです!国語や縄跳びも得意です。

でも宿題をするのとゲームが苦手と感じているようです。



こちらは、宿題をするのはそんなに嫌ではないようです。でも、サッカーや体育は苦手と感じているようです。


各自、自分のグラフの発表をしました。お友達の発表を聞くことで新たな気づきもありました。


自分では苦手と感じていても、周囲はそうは思っていなかったりという事もよくある事です。


苦手と思っていることもお友達となんとなくやっているうちに、苦手意識が薄らいでくれたらいいなと思っています。


そして得意なことはもっと得意と思えるように取り組んで行きましょう!


これからも一緒にいろいろなことに挑戦して行きましょう。