メイとハイジが函館校にやって来た!

英語学童ACCESSのサイエンスのテーマはFarmです。

 

野菜農家、果物農家、畜産農家、コメ農家など様々な種類の農家があることを学んできました。

今週は”Farm Animals and Babies”と題して農家の動物にフォーカスします。テーマの学習にちなんだスペシャルゲストはヤギの親子のメイとハイジです!

 

お母さんヤギのメイはロープで繋がれていますが、赤ちゃんヤギのハイジは放し飼いに!

 

子ども達が自由にハイジに触ることができてとても貴重な経験になったと思います。

また、ハイジがお母さんヤギのおっぱいを飲むところが見られたのもラッキーでした!

 

 

 

 

 

子ども達がヤギの観察をして絵を描くときはヤギさん達にオリに入ってもらいました。

 

 

 

 

この大きなオリはずっとスクールにあったものです。大きくてちょっと邪魔だと思っていたのですが、素晴らしい使い道がありました!

 

このあと教室に戻り、なぜヤギが農家にいるのかを話し合いました。

 

ハイジがお母さんのおっぱいを飲んでいたのを思い出し、「milkだ!」と気がつきました。

農家の人々はヤギをミルクやチーズの生産のために飼育しているのです。

 

そこで登場したのがこちら!

 

 

いつも私たちが食べている牛のチーズともう一種類はヤギのチーズです。

みんなで食べ比べをしてみました。

 

 

 

匂いを嗅いだり、恐るおそるチョットずつ食べてみたり‥‥

みんなヤギのチーズは気に入ってくれるかな?

 

結果はこちら!

 

 

I don’t like it!

 

ヤギのチーズは独特の臭みがあり、いつものチーズとは違う事がわかりました。

残念ながら子ども達の口には合わなかったようです。

 

でも一人だけ”I like it!”とヤギのチーズが気に入った子もいました!

 

 

五感をフルに使って色々なことを体験し、学んだ1日でした。

コメント