函館イマージョンキャンプ ハイライト その1

7月30日から4泊5日で開催された函館イマージョンキャンプが終了し、参加した子ども達や保護者の方々から「楽しかった!」という言葉がたくさん寄せられました。


親元から離れて5日間過ごしたことは、子ども達にとって大きな自信になったことでしょう。


なに不自由ない家での生活と違い、必要なものは自分で言葉にして相手に伝える必要性を子ども達に感じてもらう、とてもいい機会になったと思います。




市内観光の時にはまだ子ども達もお互いに遠慮がち。そのお陰で、ふざけたりする事もなく、とてもスムーズに観光ができました!(笑)



水遊びのあたりから徐々に新しいお友達ができ始めました。









大自然の中で子牛にミルクをあげたり、心音を聞いたり、最高の体験ができました。アイスは濃厚!忘れられない味ですね!






湯倉神社でのイカおみくじ釣り。イカやタイを釣り上げました。





水琴窟(すいきんくつ)を体験しました。

地下に作られた空洞に水の滴が落ち、その音が反響して、弦を弾くような音を聞くことができます。竹筒で聞くのも味があっていいですね!

日本の心、感じてくれたかな?





竹とんぼをゴムを使って高く飛ばすコプターは大人気!子ども達はすぐにコツをつかんで空中高く飛ばしていました。





木陰の流しそうめんは最高でした!Stephen先生もAmanda先生も初めての体験に大喜び!途中でグミが流れてきたけど、キャッチできたかな?








ホースやペットボトル、じょうごなどを使ってチームごとにWater Wallという水路を作りました。

一度下に下がった水をもう一度上まで流れるようにするにはどのくらいの水の量と勢いが必要なのか…そんなことを講師やお友達と相談しながら思い思いのWater Wallを作りました。全員が集中して取り組めたアクティビティでした。




コメント