保護者の方のご質問にお答えします!

English Pocketでは、この時期の土曜日は説明会が目白押しです。


本日は立川校、五反田校で英語学童ACCESSの説明会が行われました。

とてもたくさんの方々が熱心にお話を聞いて下さいました。



「バイリンガルの育て方講座」では、メモを取りながら聞いてくださる方もいらっしゃいました。


説明会が終わった後も個人面談のような形でご相談にいらっしゃる方が多く、保護者の皆さん全員がお帰りになったのは説明会終了の1時間後でした。



「ACCESSさんは宿題があるという噂がありますが、どのくらいの頻度でどのくらいのボリュームの宿題が出るのですか?」

今日はこんな質問がありました。


時々ある質問ですが、私はいつも以下の様に答えています。


宿題は5〜10分で終わるものをお渡ししています。基本的にはその日に習った学習内容の復習で、宿題は毎日あります。


私は英語の学習は煮物のようなものだと思っています。例えばおでんを作ったとして、作った当日でももちろんおいしいのですが、翌日は味が染みてもっとおいしいくなるものです。お料理の過程で、冷めたおでんを温め直すことで、味がより染み込んで、馴染んでいきます。英語学習の過程での温め直しは「宿題」であり、是非、お母さんにカチッとコンロのスイッチを入れて温めるお手伝いをしていただきたいと思っています。


そのような理由から、ACCESSでは宿題があるのです。


子ども達が自分でできる程度の宿題を出していますので、「ACCESSの宿題やろうね。」と声をかけていただくだけ結構です。


日々の小さな歩みが大きな成果になると信じて、ご協力をお願いいたします。

コメント