キャンプを支えるたくさんのスタッフ

函館イマージョンキャンプでは様々なアクティビティを行いました。

 

基本的にはどのようなアクティビティも「事前学習」→「実験 / 学習 / 体験」→「リポート」というプロセスを大切にしています。

英語キャンプの目的は「新しいことを体験し、楽しい時間を過ごす」ということだけでなく、「英語力をアップさせる」という何よりも大きな目的があるからです。

子ども達が英語で考え、自分の意見を述べ、説明をするという場面を最大限に作るようにしています。

 

今回、子ども達と直接関わったLeigh先生や函館の5人のネイティブの先生以外にも実は資料作りや教材の準備等でたくさんの講師、スタッフがイマ−ジョンキャンプを支えてくれました。

 

1.函館観光

 

Ali先生の作ってくれた資料で事前学習をしてから市内観光を行いました。

 

 

 

2.プロジェクトワーク

 

今回のテーマはPlanets, 惑星です。

パワーパイントの資料を作ってくれたのはアメリカ人のChristian先生。インターナショナルスクールに長年勤めていた教員免許のある講師です。シンプルで分かりやすい資料に助けられました!

Christian先生の資料を元に学習を進め、ポスターを仕上げました。

 

 

 

 

 

 

たくさんの興味深い惑星の実態について学び、迫力あるポスターが仕上がりました。

 

3.ムービー作成

 

宇宙をテーマにコマ撮りムービーを作りました。2〜3人の小グループに分かれ、3人のネイティブ講師、2人の日本人スタッフがアシストしました。

ムービー製作の仕方を研究し、サンプルを作成してくれたのはMayuko.

子ども達が興味を持ってくれるよう分かりやすい資料作りを心がけました。

 

 

どんな材料を使って、どんなストーリー展開にするのかをグループで話し合い、講師に説明し、何度も打ち合わせをしてから、撮影に入りました。

 

 

 

 

 

 

実際の撮影では200枚の写真を撮り、25秒のムービーを作りました。

 

 

子ども達がムービーの中のキャラクターを少しずつ動かし、講師が撮影するというスタイルで1時間半かけて撮影が行われました!

 

 

翌日は自分達のムービーのストーリーを他のグループに説明しました。ムービー作りで工夫したところ、難しかったところも発表しました。

 

 

帰国子女や英語のプリスクールを卒業した子ども達でも日本の小学校に通いだし2〜3年もすると、英語を話すことが億劫になってくるものです。そんな状況の中でも、楽しくて、つい英語を話したくなる、そんなアクティビティを提供し続けたいと思っています。

 

小学生はリーディング、ライティングに偏りがちになってしまいますが、スピーキングも取り入れたカリキュラム作りをしています。

多くの講師・スタッフが知恵を振り絞りカリキュラム作りに励んでいます。

結果オーライ!

今日は朝から晴天で子ども達はイカ釣りを楽しみに、ウキウキしていました。

 

まずはイカ釣りの出発までにプロジェクトワークのポスターを仕上げました。

 

 

 

そろそろ港に向けて出発というところで、漁船の船長さんからお電話があり、「今日は風が強すぎて危ないのでイカ釣りは中止になりました。」と連絡がありました。

 

Oh,no! What are we going to do this morning?

 

スタッフが相談し、イカ釣りの代わりに函館牛乳に行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

「どこから来たんですか?」「すごいですね。何を言っているかわからない。」と牧場の方に話しかけられ、もし良かったらと赤ちゃん牛の小屋に案内していただきました。

他のお客様が入れないエリアでゆっくりと餌やりを楽しむことが出来ました。

 

 

 

 

 

アイスクークリームを食べて・・・子ども達は気分転換が出来たようです。

ラッキーピエロでランチを食べて、午後はビーチです。

 

 

 

 

 

 

そして函館山からの夜景鑑賞!

 

 

 

クタクタになってスクールに戻りました。

 

 

 

 

 

アカデミー賞をねらえ!

昨日はあんなにいいお天気だったのに、今日は朝から雨。

でも、雨天に備えて楽しいインドアアクティビティをたくさん準備していましたので、

今日も一日、有意義に過ごすことができました。

 

朝は9時からAli先生がキャンプに参加してくれました。

Ali先生の担当は「Galaxy T-shirt」です。

黒のTシャツにスポンジで銀河系を描いていきます。

 

 

 

普段と違うアート体験に子ども達はとても熱心に取り組んでいました。

 

 

 

オリジナリティ溢れる素敵なTシャツができました!

 

このアクティビティがネイパル森での最後の活動となりました。

ネイパル森のスタッフの方にお礼を伝えて、1時にネイパルを後にしました。

 

函館に戻る前に大沼周辺を観光しました。

 

まずは政田農園の直売所にやってきました。

採れたての野菜が安く購入できるので、地元では人気のスポットです。

 

 

一通り野菜を見た後に、今晩みんなで食べる野菜を買うことにしました。

枝豆がいいか、とうもろこしがいいか・・・多数決で決めることにしました

 

 

結果は6:4でとうもろこしに決まりました。

 

みんなでとうもろこしの皮をむいています。

 

 

 

 

政田農園さんの向かいのトウモロコシ畑でポーズ!

 

その後、地元では有名な老舗のお団子屋さんに行きました。

沼の家さんです。

 

 

 

みんなで「しょうゆ」「ごま」「あんこ」を食べ比べました。

一番人気は「ごま」!

10人中8人が”Sesame is my favorite!”と即答しました。

 

スクールに戻ってきたら講師がおもしろいものを見せてくれました。

カミキリムシです。

 

 

 

よく見るととってもきれいな虫です。

スクールのドアにくっついていたそうです。

 

今日の最後のアクティビティはムービー作成です。

iPhoneのアプリを使ってコマ撮りのムービーを作成しました。

テーマはもちろん宇宙です!

 

カメラは4台。

講師はLeigh先生、Cory先生、Ali先生、それに日本人スタッフが2人。

子ども達をサポートしつつ、大人も夢中になってムービー作りを楽しみました。

 

まずはLeigh先生がサンプルを紹介。

 

 

 

 

次に10分間、ムービーの元となるストーリーについてグループ毎に話し合いました。

 

 

 

 

こちらのチームは恐竜と隕石を使って、恐竜の絶命の瞬間をムービーにするようです。

 

ストーリーの流れを話し合ったり、使用する材料を探したり、子ども達の英語の会話が途切れることがない、とても良いアクティビティになりました。

 

では、いよいよ撮影です!

 

 

 

いいムービーが撮れたかな?

 

 

撮影したムービーをみんなでチェックしています。

子ども達はムービーの出来に大満足でした。

 

明日は各ムービーに音楽を入れたり、ナレーションを吹き込んだりします。

ムービー作りは雨の日のアクティビティとしては最高のアクティビティでした!

レッスンまでの5分間でできること

今日は朝から保護者会や業者との打ち合わせがあり、一日函館本校で過ごしました。

 

畑のお世話をしてくださるMr. Sawadaから、「トマトとインゲンがたくさん取れるよ。」と聞いていたので、今日こそ採りに行かなきゃと考えていました。

 

夕方スクールでレッスンを待っている生徒に声をかけてみました。

 

-I’m going to the garden to pick some tomatoes and beans. Do you want to come with me?

-OK! I don’t like tomatoes, but I like beans. I’m going to pick only beans!

 

トマトとインゲンを採ろうと誘ったところ、トマトは嫌いだから、インゲンだけを採ると言われました。

 

 

 

-Kana, look! This is huge!

本当だ。大きいお豆ですね!

 

 

 

5分間でこんなに収穫しました!

 

 

この後、子ども達はレッスンのため、教室に戻って行きました。

このトマトは洗って、玄関にいた子ども達にお勧めしてみたところ、みんなパクパクと口に入れておやつになって消えてしまいました。

 

明日は函館イマージョンキャンプの子ども達と野菜を採りたいと思います。

キュウリが食べごろですよ。

全身で大自然を満喫しています!

今日の函館の気温は28℃。晴天に恵まれて、今日もとにかく楽しい1日でした!

 

午前中はカヌーです。カナダ出身のアウトドアが大好きなRoddie先生も参加してカヌー2台でレースを楽しみました。

 

 

こちらはLeigh先生率いるWhite Team!

 

 

こちらはRoddie先生のBlue Team.

 

 

 

Blue Teamの迫力あるパドリングで、White Teamを圧倒しました。

 

 

 

 

美しい駒ケ岳をバックに2チームで仲良くパチリ!

 

 

 

 

 

ランチの後もまだまだお楽しみは続きます!

 

 

 

 

一度は雨で中止になったサイクリングですがどうしてもあきらめきれません。

緑の中を走る自転車は格別です!

 

 

 

大自然の中では子ども達はなぜかワイルドになるようです!

 

その後はネイパル森の敷地内でScavenger Huntを行いました。

グループに分かれて制限時間内にできるだけ多くのアイテムを探すゲームです。

 

4 different shapes of leaves

2 feathers

3 square stones

a living bug

5 twigs

などなど

 

 

 

 

 

 

目標がはっきりしていると、子ども達は俄然、がんばります!

互いに助け合って、宝探しの気分でスカベンジャーハントを楽しむことができました。

 

最後はナイトウォーク。

「夜の森は怖い!」といっていた子ども達ですが、かすかなライトを頼りに真っ暗な森の中の散策を楽しみました。

 

 

 

 

なかなか体験できない夜の森は神秘的で美しい世界でした。


保護者の皆様

子ども達はお勉強もがんばっています!

勉強にアクティビティにすべてに全力投球です。でも、このキャンプではそれ以上のすばらしい経験をしていると感じています。

チームワークが生まれ、大きい子が小さい子をいたわり、また、お友達同士ケンカをしたり、仲直りをしたり、助け合ったり、Leigh先生に大きな声で怒られたり・・・普段ではあまり体験できない事を全身で体験しています。

一回りも二回りも大きくなった子ども達の姿を楽しみしにしていてください。

大沼に移動しました。

函館イマージョンキャンプも2日目。

子ども達は昨日よりもずいぶんリラックスしているように見えます。

 

今日は朝から雨。

まずはShiyo先生のプロジェクトワークから始まりました。

次々飛び出すShiyo先生の質問にスラスラと答える生徒もいます!

 

こちらは休憩時間の様子です。

Leigh先生から貸してもらったiPhoneで動画を見ています。

仲良しです。

 

 

ネイパル森に移動して、こちらでもプロジェクトワークが始まりました。

 

 

皆さん、真剣に取り組んでいます!

Leigh先生の指導の下、ステキなポスターができそうです!

 

 

気分転換のため、雨の晴れ間にネイパルの周辺を散策してみることにしました。

たくさんの木々や小さな花々を眺めながらのお散歩は最高です!

 

函館の小学校は昨日から学期が始まっていますので、ネイパルはイングリッシュポケットの貸切のようです。

 

夕方5時からBBQの準備を始めました。

コンロを準備して炭をおこすところから始まります!

 

 

BBQの材料はこちら!

12人前でこちらのトレーが2つ来ました。

こんなに食べきれるかな?

 

 

 

 

 

野菜、お肉は4種類(豚肉、鶏肉、牛肉、ラム)

Leigh先生の楽しいお肉当てクイズをしながら食べたので、まんべんなく、いろいろなお肉を食べることができました。

 

 

 

 

こんなステキなテントの下で食べる夕飯は最高です!

鳥の鳴き声を聞きながら、草の匂いとお肉の匂いと・・・

ついつい食べ過ぎてしまいました!

 

 

こちらは函館名物「焼き鳥」です。

 

でも実はこのくしに刺しているものは鶏肉ではなく、豚肉です。

函館ではこれも「焼き鳥」と呼んでいます。

地元の居酒屋では欠かせないメニューです!

 

 

 

食後はお待ちかね、S’moresの時間です。

マシュマロを炭火で焼いて、トロトロになったところをクッキーにはさんでいただきます!

Leigh先生の説明に皆さん、興味津々です。

 

 

 

あんなにお肉を食べたのに・・・甘いものは別腹ですね!

 

 

 

図書スペースでおもしろいものを見つけました。

ちょっとした空き時間を利用して遊びを始める子ども達。

遊びを探し出す嗅覚はすごい!感心します!

 

 

男の子も女の子も夢中になって遊んでいました。

一人で遊んだり、グループができたり・・・シンプルなおもちゃはいろいろな可能性を秘めていて、すばらしいですね。

 

今日は2段ベッドのこのお部屋に泊まります。

 

 

さあ、明日はプロジェクトワークにカヌー、森のナイトウォークに天体観測。

今日はゆっくり寝て、しっかり疲れを取って下さいね。

誓約書

函館イマージョンキャンプは英語のみで過ごす、English Immersion Campです。

参加者は空港で「誓約書」にサインをしています。

「キャンプの間は英語だけしか話しません」という硬い誓いです。

 

 

久しぶりに長時間英語で過ごす環境に置かれて、昨日はつい「日本語」がポロリと出てしまうこともありましたが、今日の子ども達は朝から気合が違います!

英語も滑らかです!

ここはアメリカ?それともオーストラリア?という感じです!

 

昨日は行く先々で「すごいね〜みんな!」と声をかけられました。

ラーメン屋さんではお会計をする時にレジで質問攻めにあいました。

「何の団体ですか?」「どこからいらっしゃったんですか?」「この子達、日本語は話せるんですか?」

お店の皆さん、目を円くして驚いていました!

最後に“Nice to meet you! Have a good time in Hakodate!” と声をかけてくださいました。

外国人観光客が多い函館は英語を話す人たちにとてもフレンドリーだと感じました!

 

今日からプロジェクトワークが始まりました。

6日間通じて取り組むプロジェクトワークのテーマは「Solar System – Planets」です。

 

 

 

 

英語を話し、英語で新しいことを学び続ける環境を提供し続けたいと思います。

函館イマージョンキャンプ始まりました。

本日より函館イマージョンキャンプが始まりました。

8月21日から5泊6日の英語のみで過ごす英語イマージョンキャンプです。

 

 

荷物を預けてから待ち時間を利用して羽田空港でもアクティビティを行いました。

 

 

空港にあるマークを探すゲームです。

 

I saw this symbol over there!

Let’s go that way!

 

 

 

時間内に9つのマークすべてを見つけることができました!

 

 

さあ、いよいよ手荷物検査場です。

Leigh先生が機内に持ち込んではいけないものの説明をしてくれました。

 

Hang on, now. I think I have something in my backpack.

 

と取り出したのはヘアースプレーです。

スプレー缶は機内には持ち込めないので、このボックスの中に入れて処分しなければいけません。

Leigh先生は名残惜しそうにスプレー缶をボックスの中に・・・

 

これを見せるためにLeigh先生はわざわざ自宅からヘアースプレーを持ってきたようです!

すごい演出です!

 

 

 

 

機内ではお友達同士では英語、キャビンアテンダントの方には日本語と子ども達は器用に言葉を使い分けていました。

 

 

 

函館校に着きました!函館校ではRoddie先生のスクールツアーと楽しいゲームで大歓迎を受けました。

Leigh先生と函館市の観光スポットのお勉強を終えてから、いよいよ市内観光に出発です。

 

砂浜の脇にある石川啄木の記念碑にやってきました。

 

東海の小島の磯の白砂に
われ泣きぬれて
蟹とたはむる

 

という短歌を啄木が詠んだ砂浜です。

 

 

 

 

 

砂浜を思いっきり走るなんて、東京の子ども達にはとても貴重な経験だと思います。

子ども達にとっては石川啄木はあまり興味がなかったようです!

 

 

 

 

 

 

 

夕食は老舗のラーメン店「ゆうみん」に塩ラーメンを食べにきました。

 

 

こちらはお水でかんぱーい!

すっかり意気投合しています。

 

 

 

ラーメンは皆さん、びっくりするほどよく食べました!

 

This soup is very good!

となかなか皆さん、舌が肥えています!

 

この後はロープーウェイで函館山の頂上に上がって夜景を見る予定でしたが、今日は霧が濃く、夜景は見れないことが分かりました。Leigh先生が子ども達に多数決を取ったところ、全員一致で「今日は山には上がらず、別の日に行ってみたい」ということでしたので、今日は函館山には上がらずにスクールに帰ることに決めました。

 

今回の参加者はほとんどが帰国子女もしくはイングリッシュポケットのPIP(英語の幼稚園)の出身者です。

すでに英語が話せる子ども達ですが、それでもこんなに長い時間、英語のみで過ごすことは久しぶりだと思います。

英語をブラッシュアップしながら、この夏、最高の思い出ができると良いですね!