Be my Valentine!

2月14日はバレンタインデー。

アメリカやカナダの学校ではバレンタインデーは一大イベントです。

 

カナダの子ども達は男女に関係なく、クラスの全員が全員にカードをプレゼントするのが習慣です。

 

バレンタインデー前日から当日の子ども達の行動はこんな感じです。

 

1.バレンタインの前日、クラスの担任の先生が黒板にクラスの人数を書く

※生徒一人ひとりの名前を書いた紙を配ってくれる先生もいます。

 

2.クラスの人数が分かったら、ドラッグストアでミニカードのセットを購入!

35枚入りが2〜3ドル!

 

 

 

3.ミニカードはミシン目に沿って切り離し、カードにそれぞれクラスメートの名前と自分の名前を書く

 

4.カードにロリポップやハートのチョコをセロファンテープで貼り付ける

※チョコはセロファンテープで無造作にカードに直接貼り付けるのがカナダ流!

 

さあ、これでクラスのお友達にあげるプレゼント(カード+チョコレート)の準備は完了!  

 

ーーーーーーーーそしてバレンタインデー当日ーーーーーーーーー

 

1.当日の朝、自分の名前を書いた紙袋を自分の机に貼り付ける

さあ、これでお友達からプレゼントをもらう準備が完了!

 

2.みんなが紙袋を机にセットした頃合をみて、自分のプレゼントの配布開始!

クラス全員の紙袋に一つづつプレゼントを入れていきます。

 

3.プレゼントを配布し終わったら袋は机から外してお持ち帰りの準備!

名前がしっかり書いてあるから他の子の袋と間違えることもありません!

何と合理的なプレゼント交換!

 

袋の中身を広げてみるとこんな感じです。

 

 

ちなみにバレンタインデー当日はピンクや赤の服を着てくる人もいるんです。

 

そんな全力でイベントを楽しむ心、素敵ですね。

英語学童ACCESS

この春、五反田に英語学童ACCESSがオープンします。

 

 

 

毎日の30分のフォニックス学習で、正しい発音を覚え、ルールに従って読むことで、暗記することなく英語の絵本を楽しむことができます。フォニックスはACCESSの大きな柱です。

 

また、毎日のSubject Study Timeで曜日ごとに違うプログラムに取り組みます。

月曜日:Arts & Crafts(アート)

火曜日:Monthly Theme(月ごとに代わるテーマ)

水曜日:Social Studies(社会)

木曜日:Science(理科)

金曜日:Fun Fun Friday(お誕生会、アウトドアアクティビティも!)

 

Phonics+Subject Study Timeで英語力をつけるだけでなく、英語を通じて見聞を広げます。

アメリカの現地校に飛び込んだような英語環境を目指しています。

 

明日から説明会が始まります。

「バイリンガルの育て方講座」+「ACCESSの説明会」となります。

2月14日(火) 19:00 - 20:00
2月18日(土) 13:00 - 14:00
2月25日(土) 13:00 - 14:00

※各日程とも先着10名となります。

 

説明会の日程が合わない方も個別で対応させていただきますので、是非足を運んでください。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

イングリッシュ イマージョンキャンプ in 東京

3月26日から30日まで、4泊5日で「イングリッシュ イマージョンキャンプ in 東京」が開催されます。

東京では4時間(10:00-2:00)のスプリングクラスに参加し、午後は東京観光です!

スカイツリーにもんじゃ焼き、食品サンプルつくり、トリックアートミュージアム・・・それにまだまだ秘密のアクティビティもこっそり企画しています!

 

 

函館からはCory先生が添乗します!

今回は6名の参加者を募集しましたが、案内書を配布し始めて3日後に定員に達してしまいました!

 

スプリングクラスのテーマは”Reptiles"(爬虫類)です。

以下はスプリングスクールの学習内容です!

 

What has scales, lays eggs, and is cold blooded?
REPTILES!
This coming spring, we will be looking into the unbelievable world of reptiles. We will research about what makes a reptile and why they are never found at the bottom and top of the globe. Each day we will research about two different reptiles. These will include:
• Turtles / Tortoises / Terrapins - Fresh and Salt Water
• Alligators / Crocodiles - Fresh and Salt Water
• Snakes - Many sizes and types
• Lizards - Chameleons / Komodo Dragons
We will research one of these and complete a project poster. Concluding on the last day, we will give a presentation to our classmates!


函館の子ども達が東京の子ども達と英語でコミュニケーションをとり、友達になれるって、素敵なことですね!

私も春休みが楽しみです!

 

子ども達はアートが大好き!

PIPでは曜日ごとに教科の学習(Subject Study)を取り入れています。

Science, Math, Music...そして、何といっても一番人気はArtです。

Artの時間は子ども達の目がキラキラしています。

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐバレンタインデー

保護者の皆様のところには、子ども達の心のこもったハートがいっぱいのアート作品が届きます!

お楽しみに!

 

今も昔も変わらない!

1月24日から函館に来ています。

こちらは日中でも気温はマイナス5℃!

 

こんな寒さの中でもPIPの子ども達は外遊びを楽しんでいます。

 

雪の上をゴロゴロ!

 

 

そり遊び

 

 

雪合戦

 

そりを繋げて遊んでみたり・・・

 

雪だるま!

 

自然が相手だと、子どもの遊びは今も昔も変わりません!

そして、日本の子どもも海外の子どもも変わりません!

 

Look what I can do!

I'm flying! I'm flying!

 

こんな姿もWorld Wide?!

 

東京の子ども達にも体験させてあげたい北海道の楽しい冬の遊びです。


 

今年もありがとうございました。

1月26日、27日に函館の遺愛女子中学校の英語キャンプが行われました。

遺愛学院は石川啄木の娘さんも通った、140年の歴史を持つ名門校です。

 

遺愛中学、高校で4年前に始まったグローバル教育の一環として、イングリッシュポケットでは中学1年生を対象とした1泊2日の英語キャンプを担当させていただいています。今年で4年目となります。

 

今年は函館校の講師4名に、東京の講師Leighをプラス、5名の講師がキャンプを担当しました。

初日はアイスブレークの楽しいゲームやスカベンジャーハントもすべて英語で行いました。

 

 

 

キャンプの中心はプロジェクトワークです。

今年のテーマは「世界の祭り」。

5〜6人のグループに分かれてポスターを作り、2日目の午後のプレゼンテーションの準備を行いました。

 

 

 

各グループの持ち時間は5分間。

スキットを交えた素晴らしいプレゼンテーションでした。


 

ベストパフォーマンス賞、ベストポスター賞などの発表も行われました。

 

最後は今回の英語キャンプのテーマ曲"Good Time"を皆さんと一緒に大合唱。

誰も歌詞カードを見ずにそらで歌ってくれました。

さびの部分ではジャンプをしながらの熱唱でした。

 

そして、講師とハイタッチでお別れです。

 

We had so much fun!

You did a great job!

 

皆さん、2日間お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームステイ

12月23日から1月4日までスクールはお休みとなりました。

スクールがお休みの間、我が家にはいろいろな動物や植物達がホームステイしていました。

めだかが3匹います。

 

ガジュマル、サボテン、ヒヤシンスの水栽培

 

シクラメン

 

 

サンショウウオが3匹。

 

このサンショウウオは函館の山の中から卵を取って、卵からかえしたサンショウウオです。

イングリッシュポケットでは毎月、月ごとのテーマがあるのですが、2年前の5月のテーマ「Life Cycle」にあわせて、「カエルを卵から育てたい」と思った私は子どもの頃に父に連れて行ってもらった山にカエルの卵を探しに行きました。あちこちの水溜りを探してやっと見つけた卵を東京に持ち帰り、各校に配りました。

そして生まれたのが・・・カエルではなく、サンショウウオだったんです!

カエルではなかったけれど、毎日お世話をすると、サンショウウオもかわいいものです!

冷凍赤虫を食べてこんなに大きくなりました。

生態系を崩すのではないかと心配で、東京で放すことはできなかったのですが、今年の夏は故郷の函館に連れて行って、函館で放そうと思います。

 

さあ、冬休みも終わり!

皆さん、自分の所属校に帰りましょうね!

 

クリスマスツリーはいつ片付ける?

イングリッシュポケットの赤嶋です。

本日、12月28日はイングリッシュポケットの御用納めです。

 

私達を楽しませてくれたクリスマスツリーですが、皆さんはいつツリーを片付けますか?

イングリッシュポケットではクリスマスの翌日26日に片付けました。

 

日本では12月25日のクリスマスが終わったらすぐにクリスマスツリーを片付け、お正月モードになりますが、カナダやアメリカではツリーやリースは1月6日まで飾っておくのが一般的です。

1月6日は公現祭というキリスト教(カトリック)のお祭りで、この日までがクリスマスシーズンと考えられているからです。

 

イタリアでは1月6日は祝日で公現祭を大々的にお祝いします。

イタリアでは公現祭の前夜、べフィーナというボロボロの服を着たおばあさんがホウキに乗って家々を回り、子ども達にプレゼントを届けます。

 

 

子ども達はだんろに靴下をぶら下げてドキドキしながらベフィーナを待ちます。

というのもこの魔女のおばあさん、とてもいたずら好きなんです。

1年間良い子にしていた子ども達にはキャンディやチョコレート、小さなおもちゃをプレゼントします。でも悪い子だったら、お菓子の代わりに「石炭」を靴下に入れるんです!実際には本当の石炭ではなく、炭にそっくりのお菓子が靴下に入っているそうですが・・・

子ども達は今年は「お菓子」か「石炭」か、ドキドキしながら待っているんです。

 

 

暖炉のそばにずらりと並んだ靴下!

これはアメリカやカナダのクリスマスではおなじみの光景ですね!

 

クリスマス、お正月と続いた長いクリスマスシーズンも1月6日でとうとうおしまいです。