ステキな贈り物

保護者の方からこんなプレゼントをいただきました。



全ての講師やスタッフに一つずつ下さいました。

ステキなプレゼントをありがとうございました。

幸せな気分になりました。

保護者会でお話ししたこと

今週は函館校のPIP各クラスの保護者会を開催しました。

皆様の率直なご意見を直接お聞きすることができ、とても有意義な時間となりました。

 

保護者会の場で保護者の皆さんから出た質問と私の回答の中から、PIPの教育方針に関するものを少しご紹介したいと思います。

 

一人の講師が一つのクラスを担当するようにできませんか?

 

PIPでは出来るだけ複数人の講師が一つのクラスを担当するようにしています。

P1(ベビークラス)とP2(年少々)は一人の講師が毎日クラスを担当する場合もありますが、K1(年少)、K2(年中)、K3(年長)は2人もしくは3人の講師がクラスを担当しています。

 

そのメリットは

1. それぞれの講師の得意分野を活かした活発なレッスンが受けられること

 

2. スケジュール通りにレッスンが進むこと

 

3. 本当の意味でのインターナショナルな環境を体験できること

があげられます。

 

その理由としては

1. 講師はそれぞれ得意、不得意があります。アートが得意な講師もいれば、音楽が得意な講師もいます。それぞれの得意分野を活かすようにスケジュールを作ることで、不得意な事を無理やり教える環境を防ぐことができ、子ども達にとっても大きなメリットが生まれます。一人の講師では実現できないダイナミックなレッスンが実現できます。

 

2. 一人の講師が毎日レッスンを行うと、今日予定されていたことが終わらなかった時に「明日やろう」ということになり、また、翌日も「今日できなかったから来週でいいかな?」となりがちで、気がつくとスクール側が提供しているカリキュラムよりも大きく遅れているということが過去に何度かありました。複数の講師がクラスを担当することで、互いに監視役となり、今日行うべきことはすべて終了してから翌日の講師に引き継ぐという良い習慣ができ、それは結果的に子ども達の英語力の向上につながります。

 

3. 様々な文化やバックグラウンドを持った講師がクラスを担当することで、本当の意味でのインターナショナルな環境を作ることができます。また、違う国籍の講師が担当するとアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、どんな英語にも対応できる適応力も生まれます。

 

日本の幼稚園では一人の先生が一つのクラスを毎日教えるのが常識になっていますが、海外ではそうではありません。

私がお世話になったカナダの幼稚園では、幼稚園に行くまで今日の講師が誰なのか分からないという環境でした。

サークルタイムの時に先生が「今日の私の生徒は、Christina, Daniel, Kate...。さあ、Room 3に移動しましょう。」と生徒の名前を呼んで今日のグループを発表していました。先生も教室も毎日違うという日本にはない形です。子ども達の柔軟性と適応力を育てることを目的としている教育で、非常に効果的な取り組みだと思いました。

 

イングリッシュポケットでは複数の講師がクラスを担当することはデメリットではなく、むしろメリットだと考えています。

函館イマージョンキャンプ 2018

毎年人気の函館イマージョンキャンプですが、8月の開催分はすでに定員の20名に達し、現在はキャンセル待ちのみお受けしています。


7月30日出発分はすでにお申し込みを締め切っていましたが、お一人キャンセルが出ましたので、1名のみお申し込みが可能です。

東京から14名。函館から8名参加予定です。


日本語厳禁のイマージョンキャンプです。


東京の子ども達と函館の子ども達が英語を通じて仲良くなっていく姿にはいつも感動させられます。

函館の夏を満喫しましょう。



函館校 Hat KingとHat Queen決まりました!

毎年 恒例のHat Weekですが、函館校では今年も大いに盛り上がりました。


手作り帽子、ご兄弟でお揃いの帽子、笑っちゃうような面白い帽子、いろいろ個性が光る帽子が揃いました。帽子に関してお友達同士が褒めあったり、質問したり、笑顔あふれる一週間となりました。


Hat Weekの翌週はHat KingとHat Queenを決める投票を行いました。たくさんの投票、ありがとうございました。


2018年度のHat KingとHat Queenを発表します!



二人とも帽子がとても似合っています!

おめでとうございます!


こちらは番外編







講師の先生たちも自前の帽子でHat Weekを大いに盛り上げてくれました。


皆さん、楽しい一週間をありがとうございました。

メイとハイジが函館校にやって来た!

英語学童ACCESSのサイエンスのテーマはFarmです。

 

野菜農家、果物農家、畜産農家、コメ農家など様々な種類の農家があることを学んできました。

今週は”Farm Animals and Babies”と題して農家の動物にフォーカスします。テーマの学習にちなんだスペシャルゲストはヤギの親子のメイとハイジです!

 

お母さんヤギのメイはロープで繋がれていますが、赤ちゃんヤギのハイジは放し飼いに!

 

子ども達が自由にハイジに触ることができてとても貴重な経験になったと思います。

また、ハイジがお母さんヤギのおっぱいを飲むところが見られたのもラッキーでした!

 

 

 

 

 

子ども達がヤギの観察をして絵を描くときはヤギさん達にオリに入ってもらいました。

 

 

 

 

この大きなオリはずっとスクールにあったものです。大きくてちょっと邪魔だと思っていたのですが、素晴らしい使い道がありました!

 

このあと教室に戻り、なぜヤギが農家にいるのかを話し合いました。

 

ハイジがお母さんのおっぱいを飲んでいたのを思い出し、「milkだ!」と気がつきました。

農家の人々はヤギをミルクやチーズの生産のために飼育しているのです。

 

そこで登場したのがこちら!

 

 

いつも私たちが食べている牛のチーズともう一種類はヤギのチーズです。

みんなで食べ比べをしてみました。

 

 

 

匂いを嗅いだり、恐るおそるチョットずつ食べてみたり‥‥

みんなヤギのチーズは気に入ってくれるかな?

 

結果はこちら!

 

 

I don’t like it!

 

ヤギのチーズは独特の臭みがあり、いつものチーズとは違う事がわかりました。

残念ながら子ども達の口には合わなかったようです。

 

でも一人だけ”I like it!”とヤギのチーズが気に入った子もいました!

 

 

五感をフルに使って色々なことを体験し、学んだ1日でした。

個性が光る荻窪校

荻窪校では講師の先生達がそれぞれ自分の得意分野を活かしてハツラツと仕事をしていました。



Christian先生はカナダの小学校で教鞭をとっていた講師です。この日はJupiter3(帰国子女の3年生のクラス)のレッスン準備をしていました。当日のレッスンプランをホワイトボードに書き、授業の進行状況が子ども達にも分かりやすいように工夫をしていました。



Lisa先生のレッスンはメリハリがあり、テンポよく授業が進んでいました。子ども達に考えさせ、発話させるような質問をたくさん準備していました。



こちらはAmanda先生による英語学童ACCESSです。

放課後ということもあり、疲れている子ども達も多いのですが、机に座らせたり、床に座らせたり移動することで、子ども達が飽きないでレッスンに集中できるよう工夫をしていました。

Amanda先生の明るい人柄が生徒を和ませ、楽しい雰囲気を作っていました。




荻窪校ではそれぞれの講師が自分の得意分野を活かし、活躍しています。

チームワークが素晴らしい!

今日はミーティングがあり、高円寺校を訪れました。


高円寺校のPIP(英語の幼稚園)では一才半のベビーから年長さんまでがそれぞれのクラスで楽しく過ごしていました。


こちらはRainbowクラスです。




1才半から2才半の子ども達のクラスです。自分のマットに座ってしっかりとMaryssa先生のお話を聞いています!素晴らしい!


こちらは年少少のAquaクラスです。



自分の事は何でも自分で頑張ります。お帰りの時も荷物をまとめて一列に整列!

Are you ready to go?

Yes. I’m ready!

とてもお行儀のいいクラスです!

Naomi先生の指導の技術が光っていました。



こちらは年少クラスのJungleです。



ストーリータイムをとても楽しんでいました。子ども達はお話の世界に引き込まれています。



こちらはLead Head TeacherのLeigh先生です。年長クラスを教えています。Hat Weekの帽子が妙に似合っています。



Leigh先生はイングリッシュポケットでの勤務も10年を超え、保護者の方々や他の講師、スタッフ皆さんに信頼される講師です。子ども達もLeigh先生のレッスンをいつも楽しみにしています。


春は子ども達の泣き声を聞きながらレッスンをするPIPですが、今年の高円寺は違います!

泣き声の代わりに笑い声にあふれ、とても落ち着いた雰囲気を作り出していました!

春とは思えない光景に驚きました。


講師、スタッフのチームワークの成果です!


本日の五反田校の様子

放課後の時間になると五反田校は活気で満ち溢れています。

今、五反田校ではさまざまなクラスが開催されています。

 

こちらは幼児向け学童Pre ACCESSの様子です。

 

 

 

本日はハサミを使った工作で数のお勉強をしました。

I’m finished!

I did it!

など、英語がポンポン飛び出しています。

 

こちらはACCESS 2年目のクラスです。

 

 

 

Social Studiesのテーマはユニフォームを着て行うスポーツについて。

さまざまなスポーツについて学習した後はお待ちかねのFunTime!

子ども達一人ひとりがバスケットボール選手になりきって、カッコよくゴールを決めてみました!

 

 

今日も楽しく学習できました。

 

こちらは帰国子女専門のJupiter Classです。

 

 

 

Language Arts では、Grade 4のワークブックに取り組んでいます。今日の学習は"Subject  and Predicate"。主部と述部についての学習です。

 

年齢や英語のレベルに応じて様々なクラスを取り揃えています。